押出成形

セラミックス原料粉末に水、バインダーを添加・混練し、可塑性を与えた練土を押出機に投入し、スクリューによって口金を通して押出し、成形する方法です。
口金と同断面積の形状を連続的に成形することが可能で、棒・パイプ等の形状に成形できます。

メリット

  • 棒状、パイプ状の製品の量産時に数量確保がし易くコストも抑えられる。

デメリット

  • 口金が必要。リードタイムが長くなる。
 

資料請求・お問合せ

西村陶業株式会社
npc-form@nishimuratougyou.co.jp
〒607-8322 京都市山科区川田清水焼団地町3番2号
工業用セラミックスのことならお気軽にお問合せ下さい。
資料請求・お問合せはこちら
  • お電話でのお問合せはこちらから|075-591-1313
  • FAXでのお問合せはこちらから|075-591-4913
 

このページの先頭へ戻る